緑の木陰

テラの恵みに感謝

Entries

◆ゴールドベリ15歳になりました♪◆



2月5日の朝
ゴールドベリは無事に15歳の誕生日を迎えました


数年前より膵炎を患っていて低脂肪のフードを食べています。

足腰が弱ってきています。
すぐにペタンと座りこんでしまいます。

なので、お散歩へは行きませんが、
腰帯を引っ張って立たせれば自分で歩くことができます。

カイザーと競っておやつを食べる時は、
小走りになることもあります(^_^;)



動物病院のサロンでトリミングしてもらいました。
オヤツを見つめる真剣な眼差し



体重はだいぶ減って、16.5kg
(マックス太っていた時は 26kgでした)

でも食欲はあるし、まだまだがんばりますよ~~



毎度おなじみ、ホットケーキミックスで
誕生日ケーキを作りました

今回は、おとうふとノンオイルツナ缶、
そして、すりおりし人参もいれました🥕

牛乳で作ったカッテージチーズと
わんこクッキーとワイルドストロベリーでデコレーション

焼いてる最中から、うるさいゴールドベリ



ゴ「写真はいいから、早く食べさせて


プレゼントは………特に準備していなかったので


棒灸ということで(^_^;)
足腰の弱った老犬にはけっこう効果があるんですよ



ゴーちゃんはもうすでに病院変えしており、
こばやし動物病院へは通っていないのに、
ちゃんとゴールドベリの名前で明細だしてくれて
嬉しかったです



黒ラブのララちゃんを見習って、
17歳までがんばろ~~


今日も読んでくださってありがとうございますワン
▼^ェ^▼
スポンサーサイト

◆THANK YOU, BABY◆

去年の11月にライアーの発表会がありました。

自分の課題曲として、オズの魔法使いの
「虹の彼方に」を練習してきました。



発表会当日はものすごく緊張して、
手がブルブル震えてとても下手くそな演奏になってしまいました

でも、ユニットのメンバーと一緒にステージに上がれて、アンサンブル演奏できて、
緊張しつつも楽しい経験となりました

「虹の彼方に」はまだまだ下手くそだけど、
発表会が終わって 一区切り。

次に何を弾くか
しばらく迷っていましたが、
やっぱりこの曲が弾きたいなぁ╰(*´︶`*)╯♡

(音量注意)



ゴダイゴの「THANK YOU, BABY」です。
TVドラマ「西遊記」の挿入歌だそうですが、
私は昔からあまりTVを見ない人だったので、
知りませんでした…

ゴダイゴのCDでこの曲を知りました♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

ライアー用の楽譜はもちろんないので、
ネット検索した歌詞コード譜を参考にしながら、
耳で音を拾っていきます。
ものすごく時間がかかりそ~~(^_^;)


ステキな訳詞もネットで見つけました
korokrokobe さんという方の訳詞だそうです。

いつかこの世界に自分の居場所をみつけるまで
僕は前に進みつづけるだろう
それまで僕の心は休まることはない
とても独りよがりな願いだけれど
その道のりはけわしく
長い時間がかかるだろう
でも君は僕に安心とやすらぎを
そして心に残る笑顔をくれた

君は思い出をくれたよ
ありがとう
君が大好きだよ
ありがとう
君が道を示してくれた
僕はもう迷わないよ

いつかこの世界に自分の居場所をみつけるまで
僕は前に進みつづけるだろう
それまで僕の心は休まることはない
とても独りよがりな願いだけれど
それまで僕の心は休まることはない
とても独りよがりな願いだけれど



この曲を聴いていると、
宇宙(そら)に還って行った 瑠璃香やアリアンロッドやシロちゃん、
そして 大切な人たちのことを思い出して、
ハートがじんわり涙があふれそうになるのです

みんな みんな、たくさんの思い出を
ほんとうにありがとう~~
いつまでも忘れないよ~~

◆女王様👑宇宙(そら)に還る◆

1月22日の朝、
我が家の女王様、猫のシロが天国へ旅立ちました




シロは、私の友人がキティシェルターを立ち上げた時に保護した子猫です。

4歳になるまで里親が見つからず、
4歳で私の実家の祖母の部屋へ。
先住猫の茶坊(チャーリー)と仲良く暮らしていました。

7歳の時に、諸事情で、
茶坊と一緒に我が家に引き取りました。


その頃の写真を、保護主の友人に送りましたら…

この写真です


「なに、この女王様な態度は!」と返事が返ってきまして、
それ以来 シロちゃんは「女王様」と呼ばれるようになりました
(呼んでいたのは私だけですけど…(⌒-⌒; )


実家にいた頃から、
シロは何かと病院通いの多いコでしたが、

うちに来てからは腎臓病を患い、
薬を飲ませたり腎臓病用のフードを食べさせたり、
病院で補液の注射をしてもらったり…。


そして、ちょうど1年前、去年の1月末に、
腎臓の数値が測りきれないほど高くなり、
毎日補液してあげた方が良いとのことで、
病院でやり方を教わって、
家でも補液の注射をすることになりました。


注射器2本分の補液、シロップのお薬2種、錠剤のお薬1個

毎日といっても、私ができない日もあったりしました。

注射の後は ごほうびに、
大好きなオヤツ(クリスピーキッスやCIAOちゅ~る)をあげていました。

しかし、亡くなる二日前の1月20日、
とうとう ちゅ~る も食べてくれなくなりました

多頭飼いの我が家です。
あまりシロばかりにかまっていられませんでしたが、さすがに心配になり、


時間の許す限り、シロちゃんを抱っこしてあげていました。


1月21日、亡くなる前日


病院へ行ったシロちゃん、ガリガリです(ノ_<)



体重は1.3kg しかありませんでした。



いつもはあまり鳴かないシロですが、
この日は補液の注射の間、小さな声で何回か鳴きました。



口からの出血は歯肉炎だそうです。
痛くて食べれないのかも…
手首を舐めるクセがあったので、手首にも血がついていました。



「賞味期限が少し過ぎているが品質的には問題ないから、シリンジで少しずつあげてください」
と病院の先生が流動食を無料でくれました。



シロちゃん、少しだけど飲んでくれました。



多発性免疫性関節炎のため、脚や手や指の骨が曲がっていました。
肉球も不自然にふくらんでいました。
歩きづらかったことでしょう。


私は 夜は1階で犬たちと寝ています。
その日は、
「寝ている間に死んじゃイヤだよ」と
シロに声かけてから寝ました。

翌日の朝、2階の部屋を見に行くと、
シロはちゃんと生きていて、
こちらを見て「おはよう」とあいさつしてくれたみたいな…

それから少ししてまた見に行くと…、

シロは左耳を1回ピクッと動かして、
天国へ旅立っていきました。


朝から雪が降ってきました。
みるみるうちに積もって、
シロちゃんの名前のように
世界は真っ白になりました。











1月25日


アリアンを火葬していただいたペットセレモニーへ連れて行きました。



大好きだったオヤツ、私が編んだ猫バッグも一緒に…

シロのお骨はとても小さかったです。
背骨や手足の骨は 部分的にくっついているところがありました。
「歩きにくかったでしょう」と言われました。



お世話になった動物病院からシロへお花が届きました。


シロは いろんな病気を抱えながらも、
どこか芯がしつかりしていて、
自分の運命を受け入れているようで、
泣き言も言わず、プライドが高く、
不自由な体でマイペースに凛として生きる姿は、
ほんとうに女王様のようでした


シロちゃん、
うちのコになってくれてありがとう
いろんなこと教えてくれてありがとう
いつまでも大好きだよ~~



最後まで読んでくださって、
ありがとうございました(=^ェ^=)

◆シンバくん、はなちゃん◆

最近出会った 対照的な2頭の柴犬さんを紹介しますね♪♪


まずは、



シンバくん、4ヶ月
初めてお会いしました

ちょっと困り顔?
カイザーのことが少し怖かったかな?


こんなに大きさがちがうものね…



カイザー「仲良くしてくださいね~~




もう1頭の柴犬さんも、
カイザーは初めて会ったコです。




お顔が真っ白のおばあちゃん柴さん、
13歳のはなちゃんです




写真を撮ろうとしたら、近くまできてくれました





はなちゃんは、実は娘の同級生のおうちのコで、
ゴールドベリは何度も会ったことがあります。

昔のブログにも登場していますよ
過去記事です
■オトモダチ 大紹介♪


お互いに歳をとってからは 全然 お見かけしませんでしたが、
先日のカイザーの散歩で偶然にお会いできて、
元気そうな姿を見ることができて嬉しかったです

そして、またもや、シンクロが~~

はなちゃんちにいるもう1頭の柴犬さんのお名前はももちゃんというそうです
カイザーのお母さん犬の名前もモモですよ~

そして、話の流れでなんとなく耳にしたはなちゃんのお誕生日を聞いてビックリ
私の誕生日と同じ日でした~~



可愛い柴犬くんと懐かしい柴犬さんに癒されたカイザーと私でした


今日も読んでくださってありがとうございますワン▼^ェ^▼

◆今年のテーマ♪♪◆


(ヘン顔カイザーとごきげんゴールドベリ)


明けまして おめでとうございました~

14歳でヨロヨロしている老犬ゴールドベリも、
腎臓病で痩せっぽちになってしまった猫のシロちゃんも、
どうにか無事に新年を迎えることができました
(*'▽'*)

これも皆さまのおかげです
ありがとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m


と言いつつも、
フェイスブックやインスタを始めてから、
ブログの方の更新が滞りがちになってしまいました(^^;;
ごめんなさい

次々と新しいSNSが現れて、
なんかネットに振り回されているような感じです~



それはさておき。
今年のテーマについて。

去年のテーマ colorful harmony* がけっこうお気に入りなので、
今年もそのままでいっか~

とも思ったのですが…。

最近、動物愛護とか介助犬とか、
自分の中での受け止め方が変わってきて、
何かをやることすら人間のエゴだなぁ、
と感じるようになってきて…。


もうみんな、そのままでいいじゃん?
そのままで素晴らしい存在じゃん?
そういうの、なんて言うんだっけ?

「Let it be」
「Let it go」

(う~ん、なんかちょっと違う)

そしたら、この言葉が浮かびました。
「Let it shine」


ずーっと昔、まだ娘が3歳の頃、
幼児向け英語教材のお泊りイベントに参加しました。
(たしか二泊三日くらいだった。)

イベント中は、
英語の歌を歌ったり踊ったり、
ネイチャーゲームをしたり、
ブルーベリーを摘んだりキャンドルを作ったり、と楽しく過ごして。

最後の夜のアクティビティ、
広場で参加者全員が輪になって座り、
真ん中に置いてある(と想像する)架空のポットに、
各人が順番に、
イベントの中で一番の思い出を英語で語ってポットの中に入れていくのです。

娘はその時まだ3歳だったから、ここは私が英語でしゃべらなきゃ?!
え?どうしよう?何を話せば?
ドキドキしながら思案して、
とうとう順番が来て……。

このイベントでマーク先生が教えてくれた英語の歌を娘がとても気に入ってよく歌っていました。

というようなことを緊張しまくりながら英語でしゃべって、
「Let it shine」を娘と一緒に歌いはじめました。

そしたらさ、
まわり中の他の参加者さんたちも一緒に口ずさんで歌ってくれたの……

涙ぽろぽろこぼれてきた……
なんか励ましてもらったようで……
みんなと一つになれたようで……
とても暖かい体験でした



というわけで、今年のテーマは

「Let it shine

で行きたいとおもいます


こんなの見つけました
(注意 : 音楽が流れます)




今日も読んでくださって、
ありがとうございます

Menu

プロフィール

だんご

Author:だんご
ふじみ野で テリア3頭、猫4匹、人間4人 で暮らしています。
興味のあること*動物との共生、自然療法、動物との会話、スピリチュアル
今、自分のやりたかったことを思い出し中。

最新記事

最新トラックバック

メールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR